穀物は猫には不要です

穀物は猫には不要です

美味フードの原材料や成分に関しては?

 

第一原材料 白身魚(60%)
そのほか原料 サツマイモ、エンドウお役立ち、サーモンオイル、ひよこプチ、レンズプチ、ヒマワリオイル、フィッシュスープ、ミネラルみたい(硫酸第一鉄水和物、硫酸亜鉛一水和物、硫酸マンガン一水和物、硫酸銅(U)五水和物、亜セレン酸ナトリウム)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE)、ビール酵母、オリーブオイル、アマニ、アルファルファ、バナナ、リンゴ、クランベリー、カボチャ、セイヨウタンポポ
美味フードキャット食べ物の公式インターネットサイトだと、原材料はあとの矢面でもわかるようにです。

 

主要成分とすると「白身魚」と考えているキャット食品は中々マニアックなです。おお60%も内包されています。

 

白身魚に関しましては低級脂肪で、肉食アニマルである猫に絶対不可欠の養分であるタンパク質が一杯混合されています。

 

はっきりとキャットフードのメイン原料として生きる「チキン」や「鴨肉」「馬肉」とは違ってアレルギーが現れ辛いため、少しもライフステージの猫にも一理ありのが白身魚だそうです。ゼロ円腎臓の貧弱お年寄り猫にボリュームタンパクフードをアップするときは、ご注意下さい。

 

これ以外には、サツマイモやカボチャとお考えの野菜やリンゴなどを含んだ果実、ミネラルがバランスを考慮して混合されています。上記列挙した「リスキー」もしくは「タダ」にクラス分けされる原材料と添加物はトータルブレンドされていません。

 

全グループ対応と決心しても、ボリュームタンパクフードはお爺さん猫にはお気をつけ下さい
高タンパク食べ物は、腎臓と考えられているもの等が活動的でなくなっている猫の中には重荷になることがあります。猫は人物と同じように年をとるにつれて五臓六腑の機能の落下するので、購入するときはラヴ猫の体調を根本的に観察し、必要に応じて掛かりつけの獣医ともなると美味フードといったケースコミュニケーションを取ることも適切ですよ。

 

各ランキング形式にての美味フードのジャンル
軟便に対してのフードカテゴリー サツマイモ 1位
魚肉主力のおすすめフードジャンル 白身魚 1位
膀胱炎に対してのフードカテゴリー クランベリー 1位
避妊が終わったら効果があるフード順番 クランベリー 1位
うんちがフンワリ愛猫には幸せ「食物繊維」がサツマイモにともなると多岐にわたって内包されています。

 

そしてクランベリーには「キナ酸」と考えられる成分がワッシワッシと付いていて、膀胱炎の警備に効果が適切食材です。避妊後々の愛猫にもバックアップされているはずですよ。

 

美味フードキャットフードの成分一般
成分名 成分分析値
粗タンパク出来上がり具合 30%
脂質 16%
モイスチャー 7%
粗灰分 8%
粗繊維 3.5%
オメガ6脂肪酸 1%
オメガ3脂肪酸 2.1%

 

 

粗薄味質、粗脂肪
殊の外多く設定があるのは「粗タンパク質」と「粗脂肪」だということです。肉食生き物の猫にとって、効率的に養分を把握できる成分均等化わけですよ。粗脂肪量以後については16%と抑え気味のキャット食材です。
その人のランキングにての美味フードのタイプ

 

一番大事な成分 美味フードジャンル
低いカロリーなおすすめ食料品クラス 粗脂肪量 1位
シェイプアップ向きなおすすめ食べ物ジャンル 粗脂肪量 1位

 

 

オメガ6脂肪酸、オメガ3脂肪酸
「オメガ3脂肪酸」が用意されていることも独特で、猫が病になりやすい「腎臓」を力付けてくれる効果を発揮します。猫の身体にとって待ち望んだオメガ3とオメガ6の結びつけパーセンテージは「2:3」だろうと感じます。美味フードは具体化して止まっているよ。

 

 

 

リン、カルシウム
リンは必要以上であると尿路結石に陥る原因、足らな過ぎると関節炎に影響を及ぼしてます。どっちにしても多くの猫が齎されやすい症状なので、キャットフードセレクトしに載せてはリンの成分値は深刻な設置の1つです。

 

リンはカルシウムと合わせて推測するという意識ができ、「リン:カルシウム」は「1:1.2」のと一緒のブレンド割合が心の奥底では憧れの的とされています。

 

美味フードの時、「0.53:0.62」≒「1:1.17」であるので、望みに似た成分値わけです。

 

 

 

マグネシウム
AAFCOが公にしているキャットフードに足すべきマグネシウムのひど過ぎる量は「0.08%」です。マグネシウムの数量はたくさんい過ぎても猫の体に悪い結果があるになると言えますが、的を射た上限量は明らかにされていません。

 

美味フードの場合では「0.12%」ということなので、多すぎない範囲内で定石を満たしています。

 

 

豆部類
美味フードはグレインフリーってことなので、「小麦」や「唐黍きび」と話す穀物は用いられて到着していない。とは言っても、ひよこ豆、レンズ豆と考えられる豆類が利用されて存在しております。小麦というような穀物に比べてアレルギー百分率は低いだが、アレルギー副作用を誘発している猫もそれなりに存在するので、留意することが大切ですね。

 

オリーブオイルを筆頭とするオイル
有益なオイルは猫であっても必要ですが、並外れの譲渡しすぎと消化器官の機能保管を邪魔だてしたり、下痢を筆頭とする症状にかかったりすることが決まっています。この部分は猫によって許容量に差が出るので、仮に普段着と違うムードに罹ったら、他のキャットフードと混合するなどのアフターフォローを始めて譲り渡してください。

 

カナガンキャットフードの通販

page top